家計簿が続かないのはなぜ?続けるための5つの方法

「家計簿をつけて無駄な出費を把握して節約したい!」

そういう風に家計簿をつけることを考えたことや、実際に家計簿をつけた経験が1度はあるという方も多いのではないでしょうか?

でも実際は‥「面倒そうだから結局やっていない‥」

「実際やったら大変だったからやめた‥」

という結果に…どうですか?

心当たりがあるのではないでしょうか。

今回は「家計簿をつけたいけど面倒だからやーらない」「家計簿に1度挑戦したけど断念した」そんなあなたに家計簿を続けるためのコツをお伝えいたします!

コツを掴めば必ずあなたも家計簿をつけることが辛いと感じず、継続して家計簿を続けることができるはずです!

たかぼん
たかぼん

僕も家計簿つけてます!!
ちゃんと続けてますよー!!

桃乃海
桃乃海

奥さんが1回チャレンジしたけど、まさに三日坊主とはこのことっていう感じですぐやめてたでごわす。

家計簿をつけることのメリットは?

家計簿をつけることで、収入に対して1日ごとや月ごと、年ごとの支出がどうだったのかが明確になります。

また何にどれだけお金を使ったのかも明確になります。

それらがわかることで

以下のようなメリットがあります。

  • 黒字・赤字だったかわかる
  • 項目ごとに使ったお金がわかる
  • 振り返りができる
  • 対策ができる
  • 結果的に節約ができる
  • 将来に役立つ

黒字・赤字だったかがわかる

当たり前のことですが、家計簿をつけると月ごとの収支がわかります。

例えば今月は収入が〇〇万円、支出が〇〇万円だったので◯月度は〇〇円貯金できた。

月ごとの収支がわかると年ごとの収支も出てきます。

これらを把握することで目標としていた貯金額に対してどうだったのかが一目でわかります。

桃乃海
桃乃海

おいどんのところは全くわかっていないでごわす。
奥さんが絶対適当にやってるでごわす。

項目ごとに使ったお金がわかる

食費、日用品費、外食費、交際費など変動費や、住宅費、保険料、教育費などの固定費など、何に対してどれだけの出費があったのかがわかります。

これらを把握することで、何に多くのお金を使っているのか、またはあまり使っていないのかが一目でわかります。

たかぼん
たかぼん

これは大事ですね!
僕は外食費がやばかったのでちょっと控えるようにしました。

振り返りができる

目標としていた貯金額に対してどうだったのか、また何にお金を使っているのかを把握することで、振り返ることができます。

例えば、目標貯金額に対してなぜ足りなかったのか、多かったのか。

この項目にこれだけ使ったのはなぜなのか、もっと抑えることはできなかったのか。余裕があったから、もう少しこの項目でお金を使ってもよかったなど。

振り返ることで翌月度や翌年度の対策ができます。

桃乃海
桃乃海

相撲も取組み後の振り返りはとても大切でごわす!

対策ができる

振り返りから、「外食費を使いすぎだから、次はもう少し抑えよう」などの対策ができます。

振り返りから支出の多い原因を掴み、無駄な部分の費用を抑えるための対策をすることができます

たかぼん
たかぼん

相撲もそうかもしれませんが、仕事でもPDCAが大事って言いますもんね!

結果的に節約できる

過去の家計簿を元に、振り返りと対策をすることで無駄遣いをなくし、結果的に節約することができます。

桃乃海
桃乃海

もし奥さんが家計簿つけたら、おいどんのこづかいを無駄遣いに該当させそうで怖いでごわす‥

将来に役立つ

家計簿を続けることで、毎日、毎月、毎年のデータを残すことができます。

データを残すことは、必ず将来に役立ちます。

過去と現在を見比べることができますよね?

見比べることで収支は過去に比べてどうなっているのかがわかりますし、お金の使い方の修正ができます。

家計簿を続けられない5つの理由

続かない人には必ず共通点があります。

以下の項目に多く当てはまる人ほど続きにくいでしょう。

  • 手書きの家計簿を使っている
  • 収支を完璧にやろうとしてしまう
  • 目標が明確じゃない
  • 項目を細かくしすぎている
  • 支出を記録することにストレスを感じてしまう

手書きの家計簿を使っている

手書きの家計簿はいい部分もあるのですが、どうしても自分でやらないといけない作業が多くなってしまいます。

それは計算です。

収入、支出の各項目を記入するのはもちろん、各項目ごとに自分で計算しなければなりません‥。

収支を完璧にやろうとしてしまう

家計簿をつけている人の中には完璧につけようとする人がいます。

1円の誤差も出したくない…。

しかしあまり完璧にやろうとしすぎるとどうしてもしんどくなってしまいます。

目標が明確じゃない

あなたは何のために家計簿をつけていますか?

これが明確になっていないと家計簿をつけていても苦痛になってきます。

項目を細かくしすぎている

項目を細かくしすぎていると、それだけで手間がかかってしまいます。

手間がかかりすぎると続かない要因になります。

支出を記録することにストレスを感じてしまう

家計簿をつけていると思っていたより支出が多かったりするものです。

支出の多さにストレスを感じてしまい、家計簿をつけることに嫌気を感じてしまう方もいます。

あなたは何個当てはまりますか?

複数当てはまる方は要注意ですよ!

桃乃海
桃乃海

家計簿見たことあるでごわすが、奥さんはほとんど当てはまってたと思うでごわす。

家計簿を続けるための5つの方法

家計簿を続けたい方は以下のことを実践してみてください。

 続けるための5つの方法

❶スマートフォンのアプリを使う

❷多少の収支のズレは気にしない

❸家計簿をつける理由と目標の明確化

❹項目は最低限にする

❺楽しんで家計簿をつける

スマートフォンのアプリを使う

スマートフォンのアプリには様々な種類の家計簿アプリがあります。

レシート読み取りや銀行との連携、共有など手書きの家計簿ではできない機能がついています。

何よりも金額を打ち込むことで自動で計算してくれるので、手間が少なく簡単に家計簿をつけれます。

自分の希望する機能がついた家計簿を選んで下さいね。

ちなみに僕がオススメするのは『zaim』というアプリです。

たかぼん
たかぼん

僕ももちろんアプリですよ!!
レシート読み取り機能はめっちゃ使ってます!

詳しくはこちら↓↓↓

収入が多少ズレても気にしない

買い物先によってはレシートをもらえない状況の時もありますよね?

例えば飲み会などで割り勘した場合など‥

家計簿は完璧な結果を求めるのではなく、ある程度の収支のバランスを把握することが大切なのでちょっとしたズレは気にしないで大丈夫です!

桃乃海
桃乃海

几帳面になりすぎると確かにしんどいでごわすね‥。

家計簿をつける理由と目標の明確化

家計簿をつける理由と目標があれば続けやすくなります!

例えば‥

Q1:家計簿をつける理由は何ですか?
 A:節約して貯金したいから

Q2:いくら貯金(目標)したいですか?
 A:年間100万円

理由=節約して貯金したいから

目標=年間100万円

じゃあ目標の100万円貯めるためには月々いくらのプラスが必要か?

月々必要なプラスを出すためには、どこを節約すればいいか?

家計簿があれば明確になります。

人はやる理由と目標を明確にすれば、目標達成のために考えますし、行動を続けようとします。

項目は最低限にする

食費や娯楽代など項目を自分で設定できますが、あまり細かくしすぎて項目を増やしすぎるとどうしても管理するのが大変になってしまいます。

ある程度の項目は一緒にして、管理しやすいようにしましょう!

楽しんで家計簿をつける

家計簿をつける上で大切なことは楽しむことです!

目標に近づくことで

「あと少し…頑張ろう」

という気持ちになりますし、目標達成した時には達成感と同時に喜び楽しみをを感じることがきっとできるでしょう!

この5つを意識して家計簿をつけることできっとあなたも継続できるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては

・家計簿のつける意味を理解しよう

・家計簿が続かない人の原因は何か把握しよう!

・家計簿を続けるための5つのコツを実践しよう!

続けていくうちに家計簿をつけることが生活の一部になっていきます!!

桃乃海
桃乃海

このやり方を奥さんに伝授して、家計簿再挑戦してもらうでごわす。
…いや、やっぱりお小遣い削られるかもしれないのでやめとくでごわす。

たかぼん
たかぼん

削られたらいいんちゃますか?
どうせ悪さしかしないじゃないですか!

コメント